Top >  2.インドカレーのスパイス達 >  カレーのスパイスといえば、ターメリック。

カレーのスパイスといえば、ターメリック。

インドカレーというよりは、黄色いカレーに絶対必要なのが「ターメリック」

いわゆる「ウコン」ですが、産地や季節によって色々あります。


当店では、もちろんインド産のターメリックを使用、中でも高級品といわれる

 『マドラス』という種類(というかメーカーの命名)を使います。


独特の香りがあり、色もキレイな黄色が出ます。

 ターメリックの中では、ちょっと土臭い種類のものもあるので、

 安いからといって容易に購入しない方がいいでしょう。

 やっぱり、カレーの風味と味を決める最大のポイントですから

 ターメリックは良い物を選びたいものです。

ウコンの効力は、ドリンク剤にまで広がっています。

Wikiによると・・・・

ウコン(鬱金)は、香辛料、漢方薬として用いられるショウガ科の多年草。
英名ターメリック(turmeric)、学名はCurcuma longa(シノニムCurcuma domestica)。


「秋ウコン」と言われ春ウコンとは正確には別。

日本で春ウコン(春咲きウコン)と呼ばれているものは生薬名を姜黄(ショウガ科)
という別の植物。ただし、中国ではターメリックのことを姜黄(キョウオウ、漢名:薑黄)
と呼び日本で鬱金と姜黄の名前が逆になっている。 ここはポイントでしょう。

また、紫ウコンとも別植物。紫は流通量も少ないです。

インドなどの熱帯アジアを原産とし、地下に肥大した濃黄色の根茎を持つ。

この根茎を水洗して皮を剥き、5〜6時間煮た後2週間ほど天日で十分乾燥させて
細かく砕き、使用する。

カレー料理に欠かせない香辛料で、また黄色の着色料としてたくあん等に使用。

黄色を呈する色素成分はクルクミン(curcumine)。

またクルクミンは健胃剤として用いられる。

またインド周辺では食用以外に、傷薬や肌のパック剤(体毛の伸びを抑える、
肌に潤いを与える効果があると考えられている)、染料など種々の用途に使われる。

★ただし、良いからといって食べ過ぎは禁物。

  スパイス・調味料としての範囲は超えないように。。。。

関連エントリー

カレーのスパイスといえば、ターメリック。 インドカレーといえば、「クミン」 カレーの三種の神器は、ターメリック・クミン・コリアンダー
 今日もありがとうございました。⇒banner_03.gif






トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/128

         






 お役に立てたら↓
  banner_03.gif

スポンサードリンク

【おすすめWebショップ】


インドカレーといえば『ナン』が定番

エスニックカレーの隠し味には、コレ

業務用も扱うインド料理専門店。
 ★★BGMもインドカレー!!