Top >  2.インドカレーのスパイス達 >  インドカレーといえば、「クミン」

インドカレーといえば、「クミン」

 カレーに欠かせないスパイスに、「ターメリック」と「クミン」があります。

『クミン』は、漢方では「馬ゼリ」と言われ、古くから健胃生薬として用いられてきました。

油を多く使うものが多いインドやエスニック料理が、胃もたれしにくいと言われるのは

クミンを上手に使っているからでしょう。

カレー3種の神器といわれるスパイス「コリアンダー」と同じセリ科に属し独特の香りと

風味を持ちます。


原産はエジプトで、カレーの香りといえば、このクミンの香りです。

スパイスとして使うのは種子の部分で、細長い舟形しています。

種子のままは「クミンシード」、パウダー状にした「クミンパウダー」と両方あります。

『スタータースパイス(最初に使う香辛料)』として、

油の中でパチパチと弾かせて使います。

当店のカレーでは、「クミンシード」は炒ったものを擂り鉢で粗引きにし

鶏肉を炒める時に、また「クミンパウダー」は煮込み用の調合スパイスと

一緒に入れて調理しています。

インドスパイスの中でも調合スパイスとして良く見かける「ガラムマサラ」にも入っています。

古代エジプト・ギリシャ時代から、「食欲のシンボル」として千夜一夜物語にもクミンを使った
美味しい料理に夢中になる話しも出てきます。

恋人の心変りを防ぐお守り、結婚式に新郎新婦がポケットに忍ばすという風習もありました。

フライの衣やピクルス・ドレッシングに、蒸し野菜に塩コショウと合わせても美味しいです。

関連エントリー

カレーのスパイスといえば、ターメリック。 インドカレーといえば、「クミン」 カレーの三種の神器は、ターメリック・クミン・コリアンダー
 今日もありがとうございました。⇒banner_03.gif






         






 お役に立てたら↓
  banner_03.gif

スポンサードリンク

【おすすめWebショップ】


インドカレーといえば『ナン』が定番

エスニックカレーの隠し味には、コレ

業務用も扱うインド料理専門店。
 ★★BGMもインドカレー!!