Top >  3.インドカレー・レシピ、インドカリー作り方 >  手作りインドカレー・基本レシピ

手作りインドカレー・基本レシピ

インドカレーの作り方は、味噌汁のようなもの。

各家庭にそれぞれのインドカレーレシピがあっていいんです。

小麦粉やコーンスターチなどを使わず、野菜(玉ねぎとトマト)でトロミをつけた

本格的なインドカレーのレシピです。


スパイスが調味料なので、色々組み合わせを試しながら

 「我が家のインドカレー」を完成させてみましょう。 ⇒4.バリエーションにキーマカレー追加⇒


==============================


   ★ 【基本レシピ】 ★

   【材料 4〜6人分】

   鶏肉 モモ肉 400g
   玉葱 中 2〜3個
   生姜 4〜55cm
   にんにく 2〜3かけ
   トマト 中・完熟2〜3個
   ヨーグルト(プレーン) 100〜200g
   サラダ油適宜
   塩 大さじ1〜2

    ガラムマサラ  大さじ1
    *代表的なガラムマサラのベースは、
      シナモン・カルダモン・クローブ
      なので、それがあれば弱火でサラダ油で熱して
      香りを付けたマサラオイルを作っておくと本場風

    ローリエ   2〜3枚
    ターメリック 小さじ1〜2
    レッドペッパー 少々
    クミンシード 小さじ1〜2
    コリアンダー 子さじ1

 chikin_2_04.JPG
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   【作り方】

鶏肉は皮と肉をフォークでザクザク刺す。味を浸み込みやすくします。
皮目だけでいいよ、って人もいらっしゃいますが。。。念のため

chikin_2_05.JPG

一口大に切って、塩小さじ1・ターメリック小さじ1~2
ヨーグルト大さじ2くらいでもみ込む。30分〜1時間くらい冷蔵庫などでねかす。

時間があれば、皮を取って細かく刻みフライパンで弱火で約10分熱する。
じっくり、じっくりと。。。。

そうすると鶏の油がじんわり出てきます。
これとサラダ油を合わせて、玉ねぎをソテーすればとっても甘くなります。

クミンは、ホール(種のまま)があればフライパンで軽く炒って、
すりつぶしておきましょう。 無ければ、同量のパウダーでOK.

フライパンに、サラダ油orオリーブオイルを入れ
にんにく(刻むか擂る)とガラムマサラを入れ香りをだしたら

薄くスライス(みじん切りならBest)した玉葱をあめ色になるまでソテー。

 だいたい1時間くらいはかかります。 この時間も我が家流で。。。

 chikin_2_07.JPG


続いて、鶏肉を入れ肉の色が変わったら、残りのターメリック、コリアンダー、

レッドペッパー、炒ったクミンを入れて全体になじませる。

完熟トマトを2cm角位に切って投入。よくつぶしながら、トマトの水分を出します。

トマトは水煮の缶詰でもOK。

 chikin_2_08.JPG

*ここ、ポイントです!

全体に良くなじんだら、ショウガとヨーグルトを投入します。

ヨーグルトは予めボールなどに取り良くかき混ぜておきます
そうすると、熱をかけたときブツブツになりません。

 chukin_2_09.JPG

★ここで、じっくり煮込みます。コトコトとグツグツの間くらいの火加減で。

  そうすると、トマトやヨーグルトからの水分が出てきます。
  水分が半分くらいになるまで、中火で。 ここが最大のヤマ場。

 chikin_2_11.JPG

20分から40分くらいでしょうか、その時の材料の加減やトマトの水分、
お好みで入れたヨーグルトの水分、またレンジの火加減などでも変わります。

何回か作っていくうちに、材料の具合や自宅のレンジの加減など分るでしょう。

最初はサラサラしてても、だんだんトロミがでてくる。。。
同時に、ヨーグルトの白っぽい色も消えてきます。

■さて、、ここで初めて『水』の登場。(私はここで鍋を変えます。)

  chikin_2_12.JPG

  水・カップ4〜6杯くらい入れてもOK! 

  「しゃびしゃび」かなぁ、くらいで全然平気。

  『コク』を加えたいなら、コンソメ顆粒などを小さじ1〜2足します。


 そしてまた、30分位かけじっくり量が半分くらいになるまで煮込みます。

 chikin_2_14.JPG

 ★途中、味見をして塩を少々。★

   ★★★ 劇的に味が変わる瞬間!!★★★ 


    【塩の威力】を思い知らされますよ。

    塩ってスゴぃ、、、って思います。

    天然塩を使っても美味しく出来上がりますね。

 ★完成!!本格インドカリー
 
 chikin06.JPG

 ================================


 ■最初に材料から出る「水」は、全ての材料の持ち味・旨みを

   「全体に広げるため」に出てくるワケです。

    食材の有効成分やうまみ成分を、一度全部に広げておいて
    煮込むことで味を凝縮することになります。


 ■でも、それではまだ完全ではないので、もう一度水でのばし
   「改めて再凝縮」しています。

  
   ★ここが 「知恵」ですね。

 イタリアンなどのソースもこの原理。 最初から水は使わない。

 ★砂糖は一切使いません。でも、すっごく甘い!

  もっと甘口がいいなら、ハチミツやフルーツチャツネなどを。

  レッドペッパーは好みで後から入れてもいいですよ。
  (我が家では、半分にして甘口と辛口にしてる。。。)

  
  手間なだけで、意外と簡単に出来る本格的インドカレー

  小麦粉を使わないヘルシーカレーです。炭水化物ダイエットに

  お腹まわりが気になる方、健康食を気遣う方に、お試しください。

関連エントリー

手作りインドカレー・基本レシピ
 今日もありがとうございました。⇒banner_03.gif






トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://falcon.s106.xrea.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/102

         






 お役に立てたら↓
  banner_03.gif

スポンサードリンク

【おすすめWebショップ】


インドカレーといえば『ナン』が定番

エスニックカレーの隠し味には、コレ

業務用も扱うインド料理専門店。
 ★★BGMもインドカレー!!